「フラ午後2018」御礼とアンコールについて。

インペクを拝命しております狂箪笥(くるいたんす)です。

去る6月30日、亀戸文化センターカメリアホールにてOFJ(オルケストル・フランセ・デュ・ジャポン)「フランス音楽の午後2018」を開催いたしました。猛暑の中わざわざ足をお運びいただいた多数の皆さま、ありがとうございました。
 新マエストロに小松拓人先生をお迎えしての初めての演奏会、やはりトレーニングを積んだことが功を奏したのか、大きな事故もなく本番を終えることができました。そして、会場にいらした方は既にお気づきとは思いますが、今回は反響板を使用しませんでした。これは、ステージ上の反響板を下ろすと出演者が全員乗れないことが判明したための苦肉の策です。(本音を言うと「あれ、うちのオケ、こんなに人数いたっけ?」なのですが…)いずれにせよ残響の助けを借りない「生」の音をお届けせざるを得ない状況下、どこまで皆さまに満足いただける演奏になったでしょうか。

ちなみにこの日のアンコール1曲目はドビュッシーのサラバンド。初期のピアノ独奏曲『ピアノのために』を、ラヴェルが管弦楽編曲したものです。偶然なのか意図的なのか、管楽器の編成は今回のメインである『クープランの墓』と同一で、そこに2種類の打楽器(サスペンドシンバルとタムタム(銅鑼))が、控え目にかつミステリアスに響きを添えています。そういうわけで今回はタムタムを追加でレンタルしたのですが、ステージを見て「何でパースとアルルとクープランなのに、銅鑼があるんだろ…」と疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そして2曲目に用意したのはビゼーの『カルメン』前奏曲。マニアックなプログラムの最後の最後で、超有名なこの曲が鳴り出した瞬間、客席の皆さまの顔が綻んでいらしたのが私たちからもわかりました。当団の「フランス音楽の午後」シリーズは入場無料ということもあり、普段はあまり音楽に接することのない近隣の皆さまにも気軽にいらしていただけているので、このようなサービス?も時には必要なのかな、と感じました。

さて、そして来年2月2日は第5回定期演奏会。
今回に引き続き小松拓人先生の指揮で、ドビュッシーとフランクに取り組みます。
今後ともOFJをよろしくお願いいたします。

フラ午後2018チラシできました!

OFJ「フランス音楽の午後2018」チラシできました!数に限りこそありますが、今週末からいくつかの演奏会のプログラムに挟み込ませていただく予定です。
プログラムにこだわった当OFJ、曲目表記にもこだわりました。今回演奏会の最大の目玉は『クープランの墓』全曲なのですが、いつも印刷物の制作を担当するCさんが入稿前にカンプの意見照会をしたとき、事件は起こりました(笑)
こんな修正がS団長から入ったのです。

Before:組曲『クープランの墓』(全6曲版)
After:組曲『クープランの墓』(マイケル・ラウンド編曲のフーガ、トッカータを含む全6曲版)

フーガとトッカータのオケ版の存在をよりアピールするように、ということのようです。
ちなみに「フーガ」「トッカータ」のマイケル・ラウンドによる管弦楽版は、ラヴェルが編曲した組曲4曲と同じ編成なのですが(2222/2100,Hp,Strings)、トッカータについては演奏効果を鑑み、唯一入手可能なアシュケナージ盤を参考に若干の打楽器を追加して演奏する予定です。
滅多に演奏されない「フーガ」「トッカータ」を含む全曲演奏(アマチュア初演)、生でお聴きいただけるチャンスです。是非お誘い合わせのうえお越しくださいませ!

そういえば「アマチュア初演」の旨チラシに書くのを忘れた。
でも確証が取れたわけではないし、まいっかw